「シュタゲで分かるGit」をテーマにした「Steins;Git」という薄い本をC86(コミックマーケット86)で頒布します

来る夏コミ(C86)の3日目に「Steins;Git」という、「シュタゲで分かるGit」をテーマにした薄い本を頒布します。

  • 表紙やサークル情報など: Comike Web Catalog
  • 頒布日時: 2014/8/17(日) - C86 3日目
  • 頒布場所: 西地区"な"ブロック-11b
  • 頒布部数: 50部
  • ページ数: 50ページ
  • 値段: 1,000円
  • ハッシュタグ: #SteinsGit
  • チャット: Gitter

なぜ書いたか

元をたどると、@kyo_agoとあと数人で飲んだ席で飛び出た話となります(発案者はagoさんではありません)。

いくつか大喜利をした後、しばらく何も無かったのですが、以下のツイートにより書く事を決意しました。

実際は、上記のツイート半分、普段仕事でもプライベートでもバージョン管理にGitを使って開発しているものの、ある程度説明できるくらい知った上でGitを使っていなかったと思い、この書籍の執筆を通じて、Gitを知ることができたらという思い半分という感じです。

対象の読者

対象の読者は以下の通りとなります。

  • Steins;Gateのアニメを全話見た、もしくはゲームで全てのエンディングを見た人
  • Gitを触れたことがない、もしくは、Gitを触り始めたばかりの人

初心者よりの書籍となるため、コマンドラインでの操作には触れず、基本SourceTreeを使って説明します。

書籍に書かない事

Gitの全ての機能に説明はしない予定となっています。普段、自分が使うことが多い機能を中心に書いていきます。

また、GitHubの使い方についても、あとがきで触れたり、各章で必要があれば触れる程度になります。あくまで、Git自体の説明をする書籍にしたいと思っています。

書籍の目次

はじめに
謝辞
本書の構成
1. 第一章 - バージョン管理とはなにか
  1.1. もっとも手軽なバージョン管理
  1.2. 分散型バージョン管理システム「Git」について
2. 第二章 - なぜGitを使うのか
  2.1. ネットワーク接続がいらない
  2.2. 流行っている
  2.3. ローカルリポジトリでいろいろと試せる
3. 第三章 - Gitの使いかた
  3.1. SourceTreeのインストールと設定
  3.2. Gitによるバージョン管理を始める
  3.3. すでにあるリモートリポジトリを使ってバージョン管理を始める
  3.4. 作業内容を記録する
  3.5. 作業内容を無かったことにする
  3.6. ブランチの一覧を見たり、ブランチを作ったりする
  3.7. ブランチを切りかえる
  3.8. 変更をリセットする
  3.9. 作業履歴を改変する
  3.10. リモートリポジトリに作業内容を送る
  3.11. リモートリポジトリの変更内容を自分のPC上のリポジトリに取り込む
  3.12. 別のブランチでの作業内容を取り込む
あとがき
  GitHubとBitbucketについて
  GitHubとBitbucket共通の仕組み
  参考にした資料
  作者
  Gitのロゴについて

章の流れ的には、What -> Why -> Howという流れでできています。

書籍を見たい

Steins;GitよりHTML版を見ることができます。ただし、 ページの容量が6MBを超えているので注意してください (紙で出力するので、高解像度の画像を置いた結果こうなった)

また、Node.jsやrvmやrbenvなどを使ってRubyがインストールされている環境であれば、o2project/steins-gitのREADMEに書いた手順で、手元のPCで確認ができます。

書籍を手に入れたい

ありがとうございます。今のところ、値段は1,000円を予定しています。印刷代など出費がありますが、それが賄えるくらいか少し赤字になるくらいの値段設定にしたいところです。

公開されているHTML版と書籍版の違い

書籍版のほうには、表紙と各章ごとにラボメンのイラストが入ります。また、PDF版やEPUB版などのダウンロードリンクも載せる予定です。

イラストの一覧は以下の通りです。

  • 表紙: 岡部と紅莉栖
  • 第一章: まゆり
  • 第二章: ダル
  • 第三章: ラボメン集合 

リンク